とちぎのお米
  • とちほのか
  • なすひかり
  • とちぎの星
  • あさひの夢
  • 栃乃プレミア

自然に恵まれたとちぎ

食味ランキングで最高評価の特Aを受賞したコシヒカリやなすひかりをはじめとする「おいしさ」が自慢のとちぎ米。
この「おいしさ」のひみつは寒暖の大きい気象条件にあります。
栃木県の夏は日中30℃を超え暑い日が続きますが、夜間は気温が下がり過ごしやすくなります。なぜ夜間が涼しくなるか?それは栃木県名物の雷が大きく関係しています。県の中心である宇都宮市は「雷都」と呼ばれるほど雷が鳴り、その多くは夏に集中しています。雷を伴った夕立のおかげで気温が下がる。これらの条件がとちぎ米の「おいしさ」につながっています。

栃木県内の生産動向

栃木県内の生産動向

最近の栃木県産水稲の生産状況

  作況指数 等級比率 収量:kg 主食用作付面積
ha
収穫量(主食用)
トン
栃木県 全国 10a当たり収量
29年産 93 100 95.1 510 53,600 273,400
28年産 102 103 94.4 551 53,580 295,300
27年産 98 100 88.4 531 54,100 287,300
26年産 100 101 96.3 538 58,300 313,700
25年産 102 102 88.4 549 61,000 334,900
24年産 101 102 93.6 544 60,900 331,300

栃木県主食うるち米取扱推移

単位:トン 30年産取扱計画 集荷実績
29年産 28年産 27年産 26年産
コシヒカリ 98,800 71,310 86,502 87,105 86,189
なすひかり 7,500 4,553 4,605 4,957 6,352
とちぎの星 8,500 3,613 3,192 3,124 3,514
あさひの夢 10,000 5,321 5,348 6,228 19,514
その他 1,200 964 943 1,048 568
126,000 85,741 100,589 102,462 116,137

※数値はJA全農とちぎ取扱数量(パールライス部取扱分を含む)

とちぎ米の歴史

年代 とちぎ米に関する出来事  
1956(昭31) 「コシヒカリ」誕生  
1957(昭32) 「コシヒカリ」(福井県育成)が栃木県の奨励品種になる  
1987(昭62) 県が水稲生育診断予測事業を発足  
1989(平1)    
1990(平2) 米の食味ランキングで「コシヒカリ」が初めて「特A」になる コシヒカリ特A評価
1991(平3) 栃木コシヒカリの愛称「穂の香」が誕生  コシヒカリ特A評価
1992(平4)   コシヒカリ特A評価
1993(平5)   コシヒカリ特A評価
1995(平7) 「晴れすがた」(初の県オリジナル品種)が栃木県の奨励品種になる  
1997(平9)   コシヒカリ特A評価
1999(平11) 栃木県産米のイメージキャラクターを「いわむらかずお」先生のカエルくんに決定  
2000(平12) 「あさひの夢」(愛知県育成)が栃木県の奨励品種になる  
2002(平14) 栃木県の平年収量が全国を上回る  
2004(平16) 「なすひかり」(県オリジナル品種第2号)が誕生  
2011(平23) 米の食味ランキングで「なすひかり」が食味ランキングで「特A」になる ※平成22年産米
栃木県産米のイメージキャラクター「ほのかちゃん」誕生 
なすひかり特A評価
2012(平24) 「とちぎの星」(県オリジナル品種第3号)が栃木県の奨励(認定)品種になる なすひかり特A評価
2013(平25)   なすひかり特A評価
2014(平26) 米の食味ランキングで「コシヒカリ」が食味ランキングで「特A」になる(17年ぶり)※平成25年産米 コシヒカリ特A評価なすひかり特A評価
(参考)
2015(平27) 米の食味ランキングで「コシヒカリ」「なすひかり」が初めての特Aダブル受賞 ※平成26年産 コシヒカリ特A評価なすひかり特A評価
2016(平28) 米の食味ランキングで「コシヒカリ」「なすひかり」「とちぎの星」が初めての特Aトリプル受賞 ※平成27年産 コシヒカリ特A評価なすひかり特A評価とちぎの星特A評価


青い米袋(第一期)
1992年~1996年


青い米袋(第二期)
1997年~1999年


カエルくん米袋
2000年~2010年


ほのかちゃん米袋
2011年~


とちほのか米袋
2016年~