栃木県産コシヒカリ

お米の代名詞ともいえるコシヒカリ。
中でも栃木県産コシヒカリは、日本穀物検定協会による食味ランキングにおいて4年連続最高評価の『特A』を獲得しました。炊きたてのつやつや感と、もちっとした弾力ある粘り。
栃木自慢の“とちほのか”を是非ご賞味ください。
4年連続 特A
※平成25~28年産栃木県北地区「米の食味ランキング」

米袋デザイン

お米だけではなく、栃木のおいしいものや、これら全てを育む栃木の自然を紹介しています。大切に育てたお米への生産者の想い・豊かな自然・食べる人への温かいおもてなしの心が伝わるように、ぬくもりあるタッチのイラストで表現しました。
かわいらしい印象のデザインで、いつもの炊事がちょっと楽しくなります。

キャラクター

栃木県生まれ 栃木県育ちの ほのかさん。
現在は、とある旅館の女将をしています。
料理には栃木産のコシヒカリ、トマトやニラ、とちぎ和牛など地元の食材にこだわり、お客様を心からおもてなししています。

栃木の気候

栃木県の夏は、日中は30℃を超える暑い日が続きますが、夜間は気温が下がり過ごしやすくなります。なぜ夜間が涼しくなるのか?それは栃木県名物の雷が大きく関係しています。県の中心である宇都宮市は「雷都」と呼ばれるほど雷が鳴り、その多くは夏に集中しています。雷を伴った夕立のおかげで気温が下がり、おいしいお米のできる条件である昼夜の寒暖差を生むのです。さらに、雷が発生することで空気中の窒素が分解され、その窒素化合物が雨によって大地に吸収されます。これが天然の肥料になると言われています。

栃木の農産物

肥沃な大地、豊かな日照、恵まれた環境に育まれた栃木の農畜産物。生産量で日本一を誇る「いちご」「かんぴょう」をはじめ、「和牛」「豚」「にら」「二条大麦」「梨」「夏秋なす」「トマト」「牛乳」なども全国有数の生産量を誇り、自慢の特産品が数多くあります。農家一戸あたりの農地面積も全国平均より広く、豊かな自然の中でのびのびと育てられているのです。