新着情報

お米づくりワークショップ『バケツ稲』!一緒に育てませんか♪

毎月開催されているもぐもぐごはん部。
3月は、お米づくりワークショップ『バケツ稲』!一緒に育てませんか♪を開催しました!

バケツ稲とは、バケツを田んぼに見立て、バケツで稲を育てることです。
バケツと土を用意すれば庭やベランダなど場所を選ばずに、手軽に稲作を体験することができるんです。
いつもは田んぼの中で行う工程を、バケツひとつでできてしまうなんて驚きですね!

今回は石川キャプテンも所属する、JA全農とちぎ米麦部より、熊倉先生を講師にお招きし、バケツ稲の育て方や、お米を作るのに大変なことなどを教えていただきました。
興味津々に熊倉先生のお話を聞きながら、バケツを覗くもぐもぐキッズ。
苗をバケツに植え替える作業をみんなで行い、実践もふまえてやり方を教わりました。
みんな上手にできていましたね♪
「この苗が大きくなってお米ができるんだ!」と新しい発見になりましたね。
バケツひとつで、うまくいくと1合分ほどのお米ができるそうです。
自分で種から作るお米を美味しく食べられるのが待ち遠しいですね♪

そして今回のもぐもぐタイムは、日本穀物検定協会主催のお米の食味ランキングにて、27年産ぶり2度目の3銘柄特Aトリプル獲得を成し遂げたとちぎのお米の食べ比べです!
つやつやとしたもちっと弾力のある粘りが特徴の『とちほのか』・
粒が大きくふっくらとうまみ成分を多く含んだ『なすひかり』・
ぷくっと大きく、豊かな甘さが特徴的な『とちぎの星』の3種類です。
おいしい炊き立てのごはんをおかわりする部員続出で、たくさん炊いたごはんが空っぽになりました!
なんと7杯も食べたというちびっ子部員も!
みんな大満足でした☆

今回のバケツ稲ワークショップで、いつも食べているおいしいお米がどのように出来ていくのかを少しだけ勉強することができましたね!
参加して下さった部員の皆様には、今日の活動で学んだことを活かして、これから自宅でしっかりバケツ稲を育ててもらいたいと思います♪
秋には新米ができるので、自分で育てたお米を食べるのがとても楽しみですね!

今後もとちぎのおいしいお米を楽しく学べるような活動をどんどん行っていく予定ですので、これからもよろしくお願いします。
次回のもぐもぐごはん部の活動もお楽しみに!