とちぎmyレシピ

里芋と秋鮭の炊き込みご飯

2014年11月のレシピ

本格的な炊き込みご飯を、かんたんに炊飯器でつくれます。里芋を茹でて軽く揚げ焼することで、里芋がほっこり風味がでておいしいです。おこげなどが欲しいときは、土鍋でつくってみてください(一度沸騰させたら弱火で15分から20分で完成します)。里芋の食感が楽しめる炊き込みご飯です。パーティーなら、テーブルにど〜んと土鍋を置いて、たっぷり三つ葉やゴマ、山椒をかけて食べてくださいね。一度はそのまま食べて、次は出しやお茶をかけて茶漬けにすると、二度おいしいですよ。鮭を鶏肉などにする場合は、一度醤油で洗うようにすると、風味が良くなります。豆腐の味噌漬けは前の日に簡単に作れて、チーズのような風味になるのでぜひおすすめです.試してみてください。

レストラン「下野農園」 高橋明宏 料理長 考案

<レシピ提供>
レストラン「下野農園」
栃木県宇都宮市下戸祭 2-3-2
TEL.028-678-6593
http://shimotsukefarm.com/

材料(4人分)
・米 2合
・昆布だし汁 400cc
・里芋 50g
・生鮭切り身 70g
・銀杏 6個
・山椒(粉) 少々
・生姜(千切り) 20g
・しょう油 30g
・塩 2g
・刻み柚子 適量
・三つ葉 適量
・黒すりゴマ 3g
・木綿豆腐 100g
・合わせみそ 100g
作り方

①重しを乗せ水抜きした豆腐にキッチンペーパーを巻き、上下にみそを敷いて一晩置く(豆腐のみそ漬け)。
②洗った米は水浸したあとザルにあけて炊飯器に入れ、昆布だし汁を入れる。
③里芋は皮をむき下ゆで(5分)してから乱切りにして、フライパンで揚げ焼きにする。
④米の入った炊飯器に銀杏、生姜、しょう油、塩を入れ軽く混ぜ、③の里芋と軽く塩をふった鮭をのせて炊く。
⑤炊き上がったら柚子をのせて茶碗によそり、①の豆腐のみそ漬けの短冊切りをのせ、三つ葉、黒すりゴマ、粉山椒を振りかけて、完成!

レシピ一覧へ戻る