とちぎmyレシピ

秋刀魚とゴボウの炊き込みご飯

『味はシンプルな方がおいしい!」と言う和食のプロがお店でも出している期間限定の「秋刀魚とゴボウの炊き込みご飯」。 土鍋で炊くのでおこげも楽しみ! 炊飯器ならさらに簡単。魚はアジや鯛のお頭、カキもお勧め。ゴボウにかえて干しシイタケやレンコン、お揚げも。炊き込みの基本は出汁10: しょう油1の割合で。

「和ところ 正木」 正木宏尚店主 考案

<レシピ提供>
和ところ 正木
栃木県那須塩原市大原間西2-14-6
TEL.0287-65-3308

材料(4人分)
・米 2合
・サンマ 2尾
・ゴボウ(ささがき) 40g
・三つ葉 適量
・薄口しょう油 大2
・みりん 大1
・酒 大1
・出汁 300cc(※水を使う場合は昆布10cmを底に敷くか粉末だしを入れる)
作り方

①米は洗ってたっぷり浸水させた後、ザルに上げておく。
②サンマは頭とうろこ、腹わたを取り除き、塩焼きにする。
③土鍋に米・出汁・薄口しょうゆ・みりん・酒を入れ、ささがきゴボウ、焼いたサンマをのせて火にかける。
④土鍋の蓋の穴から湯気がしっかり立ったら(家庭なら5 ~ 6分程度)、濡れ布巾か濡らしたキッチンペーパーで土鍋の穴をふさぎ、中火より少し弱火で約14分炊いたら止めて10分蒸らす。
⑤はしでサンマの骨にそって切れ目を入れて身を外し、骨をとって身をほぐす。きざんだ三つ葉を散らして完成!

レシピ一覧へ戻る